マンションのインターネット環境について

マンションやアパートに引越された方の中には、
フレッツ光に申し込んだけど、マンションタイプが導入されていないといわれて、
フレッツ光が導入できなかった経験がある人も多いと思います。
フレッツ光のマンションタイプを導入できる要件としては、10世帯以上あることが条件になります。
ですので、この要件を満たしていない場合には、フレッツ光を導入できないことになります。

そのほかにも、地方などでそもそもフレッツ光の対応エリア外であったり、
住んでいるマンションが古いなどで、フレッツ光を導入できないケースもあるみたいです。
そのほか、マンションのオーナーがフレッツ光の導入に応じてくれないということもあるみたいです。

ですので、どうしてもフレッツ光が導入できない場合は、
ポケットwifiを使うということもおすすめしております。
ポケットwifiなら、フレッツ光のように工事不要でネットができるようになりますし、マンションオーナーの許可も要りません。
ですから、どうしてもフレッツ光の導入ができないというのでしたら、
ポケットwifiにするというのもひとつの手段だと思います。

マンションインターネットおすすめ比較はこちら

また、プロバイダーを契約するとプロバイダーからルーターが送られてくるのですが、
このルーターの使い方がわからないという人が多いんです。
インターネットを使えるようになるためには、
モデムとパソコンをつなげばとりあえずはインターネットはできます。
ですが、この方法ですと、モデムとパソコンをつなぐことになりますので、
ご家庭で使えるパソコンは1台だけになります。

ですから、他のパソコンでインターネットをすることはできません。

ここで登場するのがルーターになります。
ルーターを使うことで、複数のパソコンでもインターネットを使うことができるようになるんです。
また、無線LANルーターなら、パソコンだけではなく、
スマホやタブレットでもインターネットができます。

簡単にルーターのことを説明すると、たこ足配線と同じようものというイメージでよいと思います。